このBBSは終了しています。 書込みはできません。
新しいBBSはこちらです。

English Here (Automatic translation).     日本語へ自動翻訳





画像タイトル:KEM-RX-7 -(21 KB)

KEM-RX-7 名前: Kuribayashi [2009/07/18,08:02:15] No.1784
持ち出して気軽に聞けるようにと、KEM−RX−7を購入して、早速組み立てました。相変わらず、酷いケーシングですが、私の技量としてはよしとしました。
また、単三電池4本を入れるケースとしては、小さ過ぎましたが、無理やり押し込んであります。
正面右側から、電源スイッチ兼音声ボリューム、周波数FINE調整、周波数MAIN調整のツマミになっています。後ろは、上側左から、アンテナ入力ATT、ロングワイヤ用アンテナ端子、50Ω用アンテナ用MJ端子であり、下側のRCA端子はVFOの出力端子としてあります。VFO出力は、LA1600の3番端子から出しているもので、外部のIF補正周波数カウンタに接続すると、受信周波数が読み出せるように考えました(外部のIF補正周波数カウンタは、006Pの電池動作可)。
2SK439のプリアンプを内臓させ、50Ω系のアンテナ出力と7M FCZコイルの中点から、1KΩの抵抗を通して、ワイヤーアンテナ端子に出しています。
それと、SFU455Aのフィルタでは選択度が7Mアマチュアバンドを聞くには厳しいと想定し、オークションで安価で購入した455I(5KHz)による3段のフィルタを外部に組み付けました。
その前に組み上げた、KEM−RX−HFは、感度は想定レベルになったのですが、雑音が酷く未だに原因がつかめないでいます。今回組み上げたKEM−RX−7は雑音が少なく、快適な状態です。まだ、受信が出来た状態で、調整はこれからです。455Iによる3段のフィルタに変えたことで、フィルタ出力不足による感度低下がないか気になるところでしたが、耳で聞く限り、問題なさそうです。
受信範囲は、6992KHzから、7212KHZくらいが聞こえるようです。


[返信しないで戻る]