このBBSは終了しています。 書込みはできません。
新しいBBSはこちらです。

English Here (Automatic translation).     日本語へ自動翻訳





TRX-7について(送信編) 名前: Harada [2009/06/21,14:29:55] No.1768
TRX-7の受信について、大変お世話になり、実用レベルになっております。
そこでこの週末に数局を呼んだのですが全く応答なし。おかしいと思い
パワーメータを入れたところ全く振れません。
消費電流を測定すると(総量です)受信時 80mA、送信時は135mAで55mAの
増加しかありません。これでは1W出力は無理ですよね。受信機でモニター
すると信号は(弱いながらも)出ているようです。ファイナル段の電圧を
測定すると、コレクタは正常にVCC(12V)がかかっております。ベースの電圧は
受信時5V、送信にすると(高周波があるので不正確だと思いますが)6.8V
程度になります。
これはファイナルの5本(Q1-Q5)の何本かが壊れたと判断すべきでしょうか?
それとも鍵となる測定部分があればお教え願います。

なお、受信改造でいろいろ触りましたが、以前には10局程度の交信実績が
あります。以前はパワーメータも振れておりました。
>> ファイナル交換 名前: Harada [2009/06/27,09:55:47] No.1772
先週に書き込みました件、フォローが無かったので私の特殊な事例であり、
この掲示板に書き込んでも参考にならないかもしれませんが、問題提起だけで
終わるのは無責任ですので、結末を書き込みます。

埒があかないので、結局ファイナルの5本を取り外しました。コレクタ・ベース
間の抵抗をテスターで測ったところ、その内の2本は逆方向の抵抗が著しく低い
(1Kオーム程度)だったので、この2本が破損したと結論づけました。これで
受信時にファイナルのベースに 高い電圧が掛かっていた理由が分かりました。
それで、修理ですが、同じ2SC2347を使うと(恐らくは問題ないでしょうが)
再発が嫌なので、2347と互換性のあるトランジスタとして2SC1047をインターネット
で見つけ出したので、これにすることにしました。最大コレクタ損失が
400mWで2347の250mWより大きいので、少しでも丈夫なのではと考えました。
昨夜にファイナルを2SC1047に取り替えてダミーロードで送信試験をした
ところ、パワー計も振れることを確認しました。私のパワー計では10W以下
は正確な値を読むことが出来ませんが、2SC2347が正常に働いていたときの
目分量で8割程度の振れのように見えます。したがって出力は1W以下だと
思いますが、しばらくこれで様子を見ることにします。

以上、特殊な事例だとは思いますが、結末を報告しました。
>> 訂正 名前: Harada [2009/06/27,10:03:00] No.1773
抵抗値が著しく低いと書きましたが、正しくは
「正常であればベース・コレクタ間の逆方向抵抗は十分高いはずであるが
これが1Kオーム程度であった」という意味です。頭の中で抵抗値の高い・
低いが混乱しておりました。訂正します。


[返信しないで戻る]